水曜どうでしょうから入ってオフィスキューに転げ落ちるまでの話

あれは10ヶ月ほど前のある日のことでした。

たまたまテレ朝チャンネルに変えてみたら、大泉洋さんと、知らないおじさまが川下りをしているではありませんか。

と、確定みたいに書いてみましたが、はっきり意識しだしたのがユーコン川だったのかもしれません(笑)

このどうでしょうの再放送は当時CSでほぼ毎日行われており、番組としての面白さから「時間が合えば見ればいいか」から「ちゃんと録画してみたい」になるまではすぐで、どんどんと見るようになりました。

それから半年程は、地元局を含めてとにかくどうでしょうを回収。
他にも「直CUE勝負!第4回戦」や「ドラバラ鈴井の巣」など再放送を含めて視聴。NACSの金スマもハナタレ全国版も見ました。


ここまで来ておきながら、特にどちらが推しでもなくというままでしたが、ある回で急に転げ落ちます。


ヨーロッパリベンジです。


いや、


フィヨルドの恋人です。


そうです。
洋ちゃん、藤村さんが笑っちゃってる中、役者全開の貴之さん。

最終回、貴之さんがいばら姫の話をムンクさんにしたあと、キスをしにいく。


そこです。


見てて「キャーッ」ってなっちゃったんですもの。やられました。自分も驚くくらい急でした。


そこで鈴井さんの魅力にはっと気づいたわけです。

きっかけはあれですけど(笑)鈴井さんのやる事って面白いし、まだ見れていないものも直感的に「面白そうだな」「見たいな」って思わされるんです。

さらにどうでしょうの本を読んだり、1×8やおにぎりも見始めて、そうこうしているうちに鈴井さんの会社であるオフィスキュー全体に目を向けるようになりました。

スタッフダイアリーをくまなく読み(不思議と全部読んでしまう)、NACSのゲストバラエティやドラマも気にするように。


正直まだ知らない事はたくさんあります。
NORDとかましろさんとか、ChimaさんとかNEXTAGEとか色々ね。

でもこれからちょっとずつ知りたいなーって思うわけです。
会社全体を愛してしまうように構成されてるとしか思えません。