第47回 名作の舞台裏「科捜研の女」@関内ホール大ホール 感想レポ

科捜研自体はシーズン10くらいから見てます。最近のは再放送されるのでどれがリアルタイムで見たものかわかんないんですよね。相棒とか9係も。

名作の舞台裏科捜研の女

※素人のレポですので登壇者の言葉等はニュアンスでお願いします。
※後半箇条書きっぽくなってます。

何とこのイベント、800人の枠に対して4700を超える応募があったそうです。6倍近い倍率!
科捜研は映画にならないので、科捜研のファンだけが集まった空間というのも珍しいですね。結構男性比率が多かったです。

募集時には「番組上映の後、ゲストによるトーク」となっていましたが、シーズン13の5話と7話を上映。
運良く前方の席だったので首と背中が疲れました(笑)

休憩を挟んでゲストトーク。
一番左に司会(水戸黄門などのプロデューサーをされていた方)、そこから順にゼネラルプロデューサーの関さん、S1〜10のプロデューサー手塚さん、沢口さん、内藤さん、脚本の戸田山さんと櫻井さん。

沢口さんが挨拶して司会の方が科捜研の紹介。
同一人物による主演、同曜日、同時間帯での放送では最長記録だそうです。縛りが多い(笑)
なのでこれから作品が続けばその度に記録更新。

沢口さんがマリコさんを演じるのに大切にしていることは、「真実を突き止めるための強い情熱と、諦めない姿勢」。
それでいて、脚本家の方々や視聴者が作ってくれたキャラクターだとも言っていました。

内藤さんは途中で役が変わったことについて、「変わったのではなく平行して存在している」と。最近も武藤さん出てきましたね。でもギャラは一人分(笑)

戸田山さんは51本、櫻井さんは単独で58本(共同が1本)書かれていて、2人だけで科捜研の半分を書いていることになります。
最初に上映したのはそれぞれが担当した中から選んだそうですが、まさか同じシーズンから選ぶとは思っていなかったようで(笑)
戸田山さんはキャラクターの繋がりや歴史の現れた回(宅麻伸さんが2回目の登場)。櫻井さんは人間関係よりも科学的な部分を中心として話が展開して行く回(マリコさんと宇佐見さんがぶつかる)。
選んだ回にも表れてるように、戸田山さんはミステリー、櫻井さんは科学のアプローチから入るそうです。

櫻井さん曰くネタ探し的には難しくないものの、手段と動機に落差が出てしまうし(そんな凝った殺害方法を行わせるほどの動機とは)、その技能があることを途中まで伏せていなければならない、普通の人じゃなくなってしまわないようになど色々考えなければならない部分は多いそうです。確かに。
ネタ探しのために海外論文なども見ているようで、日本の警察では導入されていない技術も立証されていればマリコさんの「やってみましょう」の一言でやれる(笑)
時間との闘いでもあり、ゲストの1つの台詞に多くの意味(動機、過去のトラウマなど)を持たせている。

手塚さんの話は科捜研立ち上げ時の話から。
元々木曜8時は時代劇で、京都迷宮案内などを経て科捜研が開始。当時は「CSI:科学捜査班」の放送も始まっていなくて、前例のないこと。
現場を見に来た本物の科捜研も導入したいと思うような機材を使っているそうです。

通年放送の撮影はまだ始まっていないものの、脚本は少しずつ出来上がっていて、戸田山さんは四季で色々出来る(景色もトリックも)のでファイトが湧くと。

内藤さん、現在は100%が刑事役だというほど刑事役ばかりされていて、犯人役にも魅力はあるけど刑事役への期待もある。しばらくはこれで。

マリコさん土門さんの恋愛関係についても触れられました。沢口さんとしてはその一歩手前。
内藤さんも「お前」という呼び方に恋愛感情を入れないようにしている。
お2人ともドモマリの恋愛に対する期待感を知っていましたし、内藤さんの口から「ドモマリ」という言葉が出てきた時はドキッとしました(笑)

内藤さんから見た沢口さんは自分に厳しく、ゲストを緊張させない。非常に丁寧なLINEのやりとりもしてる。
沢口さんが見る現場の雰囲気は気のおけないアットホームなもの。

あれ、関さんの発言がなかったみたいになってしまいました(笑)ちゃんと喋ってました。
視聴者として見る時は被害者側に感情移入して、「自分のために夜遅く頑張ってくれてる」と思っているそうです。不思議な見方。
話を展開させながら他の人にも話を聞いてくれて、第2の司会者みたいな立ち回りでした。

最後にフォトセッションで沢口さん内藤さんが並んで取材用の撮影。静止画のみだったのでお客さんからの声かけもあり(スタッフさんが今だと言ってくれました)撮られながらも細かく応える沢口さん。
最初は静かだったので内藤さんが恥ずかしいと言ってました(笑)


初の生沢口さんでしたが、50ウン歳(本人談)とは思えないほどとてもお綺麗でした!どうなってるの!

司会の方の雰囲気もありとても和やかで、でも1時間半もあったトークはあっという間でした。
普段は表に出ることのない脚本家やプロデューサーの方々の話もたくさん聞けて面白かったです。
それぞれが「脚本家の皆さんの力が…」「座長が…」「視聴者の皆さんが…」と言っていてとても素敵でした。
今年は科捜研20周年、テレ朝60周年、沢口さんの芸能活動35周年、通年放送第1回はレギュラー放送としては200回だそうです。記念尽くし!

ムンク展-共鳴する魂の叫び-@東京都美術館に行ってきました

美術館に行くなんていつぶりでしょう。
学校行事とかではあったかもしれませんが、能動的に行くのは初めてだと思います。

足を運ぼうと思った理由は「水曜どうでしょう」です。果たしてこの動機の人は一体どれくらいいたのか(笑)
一応説明しておきますと、どうでしょうで北欧の方に行った時に「叫び」のあの人の巨大なバルーンが売ってて(公式な商品です)それを使ったミニドラマを撮って、私はこのとき鈴井さんに惚れたんですね。あの画がなかったら好きになるのがもっと遅かったかもしれない。なんて。
番組内では便宜上(?)「ムンクさん」と呼ばれてましたが、あれはムンクさん自身ではない、「叫び」は叫んでいるわけではなく耳を塞いでいることは知っています。何の弁解なんでしょう。

東京都美術館ムンク展

入り口の少し前に大きなポスター。

行った日は最終週の平日。もっと早く行っておけば混雑してなかったかな。
11時前で既に入場30分待ち表示。トイレは意外と空いてました。

展示は自画像から始まり(何のメモもしてないので間違ってたらすみません)、ムンクさんの歴史を辿りながら年代順に展示されていました。
絵画に対する知識もムンクさんの知識もなかったので、絵画に添えられた説明やムンクさんの歴史の説明はほぼほぼ読みました。
画家は何となく孤独なイメージで、ムンクさんもそういう側面はありながら友人を大切にしたりと、印象が変わりました。

お目当てだった「叫び」は最前で見るのは歩きながら、止まって鑑賞する場合は少し後方から。
美術館内はそこまで混雑していなかったおかげもあってか、ちょっとだけ並んですぐ見られました。

全部見てお土産売り場まで1時間ちょっと。
意外とかかったようなかかってないような。絵を見て文章読んでるだけでも情報量とか思うことが多くて新しい体験でした。
あとは前述のとおり「叫び」やムンクさんに対する感謝の気持ちが熱くて(笑)この画を書いてくれたことへの感謝を募らせていました。

お土産売り場のレジ列も少しありましたが、レジがたくさんあったので進みは早いです。
図録はもちろん、ポストカード、ポップアップカード、Tシャツ、靴下、スノードーム、紅茶缶など豊富。

会場を出たところ、というか東京都美術館の入り口すぐ(ムンク展に入らなくても行ける)のミュージアムショップにも会場内とは異なるムンクさん関連商品がありました。
そこに、最初に書いた「叫び」のバルーンが。

40cmくらいの小さい方は既に家にあるのですが、大きい方(1m以上)を生で見るのは初めてで、意外と大きくてこれが家にあったらさすがに、、、と買ってはきませんでした。なんとこの商品製造終了するとか。えーどうしよう(笑)

意外と値が張るので落ち着きたいと思います。

ムンク展アトレ上野

東京都美術館の最寄り、上野駅のアトレではムンク展とコラボしていました。

ムンク展アトレ上野フォトスポット

「いないな?」って最初思いました(笑)フォトスポットですね。

東京都美術館アトレ上野コラボメニュー

コラボメニューの数々。最終日が近かったせいか終了してしまってるメニューもありました。

他にもアトレ上野では美術館の半券で割引などが受けられるサービスを行っているようです(内容はホームページで要確認)。
楽しみ方色々。

マスカレード・ホテル 初日舞台挨拶@TOHOシネマズ日比谷スクリーン12 レポ

激戦と思わしき中をまさかの自力当選。行って参りました。

※舞台挨拶中にメモなど一切取っていませんので言葉などはニュアンスで。記憶頼りなのためネット記事以上のことは書いてないかもしれません。細かな言葉が必要ならばネット記事を。
※映画本編のネタバレはしません。

日比谷ゴジラスクエア 新ゴジラ像

TOHOシネマズ日比谷はこちらの東京ミッドタウン日比谷ですが、スクリーン12と13は地下で繋がっている東京宝塚ビルにあります。グッズも宝塚ビルにありましたが、上映前にはすでに売り切れの品も。

舞台挨拶ついてる回だと、終了後に拍手があったりして温かい気持ちになりますね。

上映後舞台挨拶中のため終了後にまず機材が入って、司会の西山喜久恵さんが登場。ドラマのイメージに合わせてか赤いワンピース?が素敵でした。

諸注意をして下手側からキャストと監督が登壇。並び順や衣装はネット記事見た方が早い。
ぱっと見て思ったのは長澤まさみさんのお顔が驚きの小ささでして、身長も高く見えたし実際高いみたいですがそれでも両手で輪っかを作ったくらいしかないのでは…?
席が後方だったので細かな表情までは見えませんでしたが、キャパ500くらいなので十分近いです。でも双眼鏡はあった方がいい。近いし明るいしあんまり動かないし(笑)コンサートに比べると当然ながら見やすいです。

まずは1人ずつご挨拶。木村くんは"お客様"を強調していました(笑)

次は木村くんが見た共演者の素顔。小日向さんはいつもスマホを持ち歩いて隙あらば写真を撮っているそうで、完成披露の時も直前に撮っていたとか。事前番組でもセットを撮影されてましたね。
本人的には「記念になる」とのこと。長澤さんは一緒に撮った写真を待ち受けにされているそう。

渡部さんは撮影の合間に木村くんと一緒にごくごく一般的なお店にふらっとご飯へ。
何も隠さず「渡部篤郎のまんま」行ったのに木村くんは驚いてましたが、渡部さんは「拓也くん連れてっちゃ駄目だったよね」と(笑)
特にお店の人に気づかれることもなく、やや郊外で髪型もホテルマンだったため似た人と思われていたのではないか、と言っていました。

次は木村くんにこんな役をやらせたい。
長澤さんは「とことん悪い役」。良いところがひとつもないような悪い役。映画撮影中は朝ドラヒロインのお父さん(亡くなっていて、劇中は写真や回想で登場)を推していて、山岸の格好のままでのあまりの推しっぷりに「やるべきなのかな?」と思ったとか。

小日向さんは寿司屋。いつもは下町にいるけど、実は伝説の職人で月に一度だけ銀座で握る。かなり作られてますね。
他の配役も発表して、しれっとご自身も出るつもりで(木村くんの師匠)みんなに突っ込まれてました(笑)
やる場合は角刈り必須のため要検討となりました。

渡部さんも振られてましたが、小日向さんの話があまりにも具体的だったからと発表されないまま。

監督も最初は小日向さんの案に押されてましたが、現代のIT社長が大正時代にスリップするも大正時代ではITの知識が役に立たないためいじめられてしまう役を。

ここでフォトセッション準備のために登壇者は一旦退席。
木村くんが手を振ると一斉に客席も振り返してて微笑ましかったです。

テープカットの準備も整い再登場。一人一人に白手袋とハサミが渡されます。
早くも切る構えになった小日向さん、「チャンスは一度きりですから!」と喜久恵さんに言われていました(笑)

写真撮影用に一旦構えて、かけ声とタイミングもチェックして、テープカット。無事タイミングが合いました。

最後には木村くんがご挨拶。


全部で2〜30分ないくらいでしたかね?時計を見ていなかったもので曖昧です。
短い時間ながらそれぞれの関係性や距離感みたいなものが見えて面白かったです。

CUE DREAM JAM-BOREE 2018 Blu-ray感想

ようやく見れました!
ファンミの前に届いてからちょこっとしか見れぬままファンミへ出発、帰ってきてからもなんやかんやでだいぶかかってしまいました。

今更感はありますが、メイキング等ネタバレしてますのでよろしくお願いします。

続きを読む