箱の中身はなんだろな

俳優の推しと俳優じゃない推しの話と、推しに向き合う自分の話。

推し

推しへ初めての投げ銭とハンドルネーム被りの話

投げ銭可能な生配信が無事に終了しました!私はというと、投げ銭のタイミングが計れず開始からそこそこの時間が経過してようやく投げられました。 迷いすぎてこのまま終わるかってくらい悶々とコメント欄開いてはやめたり。結局小額で分けて投げる作戦を取り…

複数推しにおける最推しの変化

推しのYoutubeの広告って待てますね。 再生するだけで推しのためになる広告。動画を見始めるまでの時間が延びるのでじれったさはありますが、推しのためだし・・・と思えば待てる。 どうしても飛ばしたい嫌いな広告に出くわしたり、もし待てなかった場合は見…

コメント読みと推しを撮ることと、変な独占欲の話

推しが生配信でコメントを拾ってくれました。 名前も呼んでくれて、でもゴリゴリのハンドルネームなので嬉しいというか何というか(笑) Twitterの相互さんと会うときも文字じゃなく声に出されると変な感じします。こういう場合は本名の下の名前やあだ名だとと…

推しと生配信と投げ銭の話

生配信するかは知らんけど、とか言ってると生配信始めてくるから気をつけよう!!!!! 推し、初生配信始めました。 といっても1人ではなく、推し自体はあまりコメントを拾わないという平和なやり方でダラダラまったり。コメントをいくつか投稿して、そのうちの1…

楽しいことと面白いことと、対配信のコメント欄

何だか急に推し事で病んだり回復したりしてました。推したちが色々始めたことにより、自粛期間前より発信が総合的に増えた感じがするこの頃です。 ただのワンコ動画でも、ファンに見せるために撮ってくれたのかな、と思うと可愛い。前からそんな感じだけど(…

推しへのリプライやコメントの話

推しのSNSが前より少しだけ活発になってきました。 なってない人もいるし、相変わらずSNSそのものをやってなくてマジで何して過ごしてるのかわからない人もいますが(笑)更新通知を見る回数が増えたのです。 そういうわけで(?)「推しとSNSについての質問」を…

箱の中身はなんだろな

ブログタイトルで記事を書く、というのが他の方の記事を見て楽しそうだったのでFF外な上に遅刻してますが勝手ながら乗っからせていただきます。Twitterで繋がっている方々だけでいいので「ブログ名をタイトルにした記事を書く」イベントをやってみたい— 泡沫…

推しと配信と配信に対応するオタク

前記事で推しに驚かされたい、というようなことを書いたら驚かされました。新しいこと始めるそうです。驚いたし嬉しかった!私の推しは事前準備中に何も言わない人ばかりなのでは。 知らぬ間に準備が終わっていて急にハイ、って出されたり、いつの間にか英語…

さすがに書くことがなくなってきたけど推しの話はしたいな

まずは「推しへのお手紙についての質問」の質問を追加します。今更ここに書いたところで回答者全員には届かないのですが、よかったら追加で回答してみてください。場所はお好きなところに。追加する質問は、「手紙にしか書かないことはありますか?」。 書か…

お手紙自作勢への質問

色々な波がCDの発売にまで影響を及ぼし始め、自分が買おうとしてるものまで影響が出そうな気配。 幸い過去作品の配信があるものも見たりしているので私の楽しみとしてはともかく、関係者のみなさんはどうなんだろうといったところです。物流的にその変更もわ…

推しのお手紙についての質問の回答を読んでとマイお題作りのススメ

推しのお手紙についての質問の回答ありがとうございます!!!!!お題の作成から約1ヶ月、現時点で約30件の回答を頂きました。お題一覧には載ってない(けど当ブログにリンクを貼ってくれたという通知は来てる)のも含めるともうちょっとあります。 全部読んでます…

アンケートハガキの書き方を考える

手紙を書く時は文章が長すぎるんじゃないかと思うのに、雑誌のアンケートハガキとなると急に文章が出てこなくなります。選択肢があるものだけを選んで、自由記述欄があってもそこは空欄で出す、ということもしばしば。。。 1行書けば充分みたいなスペースさ…

ファンの思い出〜一泊二日バスツアー編〜

推しへのお手紙についての質問、さらにたくさんの回答を頂いています。ありがとうございます。もう少し経ったら読んだ感想などを書こうと思います。 最近は現場に色々起きておりますね。 推しが明言したのは一件でも言わないだけでスケジュール変更されたり…

推しに宛てる手作り封筒とポップアップカードの話

前記事の推しへのお手紙についての質問、回答お待ちしています! 回答していただける時は、最初にある「お題「推しへのお手紙についての質問」」からリンク先へ行って、「このお題で記事を書く」から書けます。 そして早くも2件の回答を頂きました!ヤッター…

推しへのお手紙についての質問

お題「推しへのお手紙についての質問」「推しへのお手紙に関する30の質問」というお題があります。推しブログでよく見かけます。楽しいやつ。ですが、元となる記事が消えてしまっています。 加えてマイお題には登録されていないらしく、この質問に答えた記事…

推し俳優の仕事がなくなったときのこと

さらにイベントの中止が相次いでおりますね。 私の推したちは直近には現場があまりないので影響は少なそうですが、それでもたくさんの人と関わっているはずだからどうか無事でありますように、と祈るしかなく。 先の公演はチケット先行の情報が流れるのも見…

サプライズで推しと初接触したら何の心構えもしきれないまま接触していた

様々なイベントが中止になる中、推しが出演予定だったイベントもひとつ延期となりました。この状況ではさすがにやらないよね!?と思っていたので安堵感の方が大きかったです。中止ではなく延期なので、いずれやれるといいな。 今回はここまでイベントがバタバ…

どうかずっと好きでいさせてね

思っているのに、推しの手紙に書かないようにしている言葉です。主な理由は今の仕事以外のことをしたくなる日が来てしまうかもしれないから。私が書いた手紙にはそんな影響力ないだろうけど、もしその時が来たら、どうかファンに遠慮はしないでほしい。 だか…

推しにどうして手紙を書くのか考える

考えるって書いてみましたけど最終結論は決まってますよ、「書きたい!!!!!」という内なる思いが溢れ出したからですよ!!!!! 私はそうです。それを何となく紐解いてみました、みたいな感じにしてみます。 気持ちの行き先がないから 自分の中に好きがいっぱいた…

「推し」という言葉と推しバレと推しの本職以外部分の話

推しという言葉はとても便利だと思います。「推し」と書かれていれば、誰か知らなくても「推しなんだな」と思って受け入れることができます。 詳しくない界隈でも、全く知らない人でも。もし名前が書かれていれば何かイメージがついてしまうし、知らない人な…

揺れる思い

揺れている。気持ちが揺れている。推しに対する気持ちがゆらんゆらん。推しのことは好き。これからも好きでいたい。でも噛み合わない。 推しと自分で「推しに対する解釈違い」が起きてるのかもしれない。推しは何がしたいんだろうか。推しのことが好きなのに…

推しを応援しているのか

前記事で推しに義務でお手紙を書かないという選択が出来た、と書いたんですが、別件で別の推しに手紙を書くことになり頭をひねっていました。いずれ書こうと思ってたので内容はある程度決まっていても、いざ文章にするとまとめるのが大変。下書きが手書きな…

推しの好きなところ

明けました。 年末は推しの現場へ。そのあとは推しのテレビや円盤や配信を見て推し推しした年末年始を過ごしていました。推し事を義務にはしないぞ!という気持ちのもと、現場後には書くことがほとんどの手紙を書かない、という選択肢をちゃんと取れているこ…

2019年推し事あれこれ

今更ですが、いつもスターありがとうございます。 あまり誰がつけたのかを確認しないものの、よく見てるブログの人だとわかると「ヒエッ」ってなります(喜んでいます)。さてさて推し事総括です。 総括って言ってもまだ現場あるけどね。★1月 今年初現場は映画…

推しを初めて生で見てきた

タイトルの通り、推しを見に行ってきました。随分前に接触があるという旨の記事を書いたアレです。先に言うと接触はしてません。 色々あったんです。 誰も何も悪くないしむしろ接触しないという安心感すらありました。チキンなので。そんなことより推しの話…

推しとSNSの話

みなさんの推しはSNSやってますか。 私の推しはやったりやらなかったり放ったらかしだったりです。 現代で複数人のオタクやってるのに毎日マメに更新して自撮りも上げてみたいな推しはいない。供給過多になって逆に疲れそう。 あ、女の子でTwitter見てる人に…

モチベを上げるのも下げるのも推しの仕事と自分の相性次第

推しの応援は楽しむためにやるもの。義務にしない。というのが自分のポリシーというか、オタクをやる上で大事にしておきたいところ。 推しが関わっていても自分がその仕事を好きになれるかどうかというのが、私にとっては重要ポイントです。もし推しがまだ若…

「推し」と「好き」の境界線

前々記事で推しを降りた話を書いていて、果たして今「推し」と呼べるような人は誰なのか自分の中ではっきりさせておこうかなと思いました。いやわかってないのかよ!と思われるかもしれませんが、いかんせん事務所やグループなんかが好きで「なんか好きな人…

複数推しという平穏と1人降りた話

私には推しが複数います。 推しをどこから推しというかにもよりますが、推しだけじゃなくて好きな人を含めるともっといます。事務所*1が好きなのもあるし、例えばグループ内に推しは1人でも他のメンバーの情報は気にかけますし時には現場に足を運びます。も…

推しとの接触イベントを前にしたら美容意識が高まった話

どうも、接触イベントとは長年無縁の生活を送ってきた者です。去年は推しとハイタッチしたし(秒というより一瞬)、今年は推しではないけど応援している人と握手やグループショットをキメたものの、"推し"との"しっかりとした"接触イベントなんて随分前の話。…