やりすぎ達人in北海道 鈴井貴之のキワモノ 感想

番組ホームページに鈴井さんのアトリエが紹介されるとあり、どうにか見れないものかと思っていたこの番組。

Amazonビデオで見れました。

さらに言うとParaviでも配信されてます。
早く言ってよー!再放送リクエスト出そうか本気で悩んでました(笑)

まずオープニングが鈴井邸の敷地内から始まります。
一緒に番組に出演するのは音尾さんと戸澤さん。アトリエに初めて来たという音尾さんはかなり驚いた様子です。

フットサルコートと畑、ビニールハウスがあることは知ってましたが、映像で見るとスケールの大きさを感じさせられます。全部で1万坪以上あるんだもの。あんなになってたみかんはどうやって消費してるんでしょうか。
最初に立っていたところに小屋を作りたいなんて言ってまして、放送からの時間を考えるともう作られている可能性も!?

それからツリーハウス、犬用のリビング、バギーに重機、除雪車など盛りだくさんで、この家は一体どうなってるんでしょう。
犬用リビングの扉を開けたらわんこたちがわーっと出てきたのがかわいかったです。鈴井さんを待っていたのかな?

鈴井邸自体は全部で15分ほどです。エンディングもここから!
土地のお値段も教えてくれました(Wikipediaにも載ってる)。
安い!でも開墾や上物にお金がかかってるに違いない!

そのあとは3人のキワモノに会って話を伺います。
まずはロケット開発の会社のプラモデルキワモノ。ロケットの話も聞きますし何なら小さいロケットをそれぞれが作って飛ばします。プラモデルの量も半端じゃないです。もうちょっと完成品を見たかったな。車とか。

2人目はキャラ弁。3人のも作ってもらえてました。
お話を伺った後はキャラ弁作り。お題が「モナリザ」という難しさ。しかも鈴井さんが決めたらしいです(笑)
戸澤さんが紫のモナリザを生み出すなど大変に個性的な仕上がりでした。全員ちゃんとモナリザだとわかるくらい似せてて凄かったです。

3人目はめんこ&タバコ及び関連商品&能面作り。多いわ!
コレクションの数が半端無かったです。収集と関係ない能面もたくさんあって、同時進行で作られてると。もう何者なんだっていうくらいでした。本職は看板屋さんです。

なかなか面白かったです。この3人でちまちまモノ作りしてる画は貴重かも。
キャラ弁以外のキワモノさんは極めたものがひとつじゃないし、それが他では取り上げられない感じかなと。ちょっとぼやける部分が無かったわけではありませんが・・・プラモデルよりロケットが凄かった印象ですし(笑)
どのキワモノさんもキャラが強くて、それでいて楽しそうでした。

音尾さんが鈴井さんに対してグイグイいける(軽〜く赤平をディスっていじったり)のも面白かったです。
戸澤さんのお喋りはもう少しですかね(笑)なかなか突っ込んでいけてませんでした。まだあまりどんなキャラか掴めてないので美術系の勉強をしていたのは驚きでしたし、それがわかる企画内容だったのがよかったです。

番組冒頭から「次回はあるのか?」といった感じでしたが、二回目があったら見たいです。
お願いTBS!