箱の中身はなんだろな

俳優の推しと俳優じゃない推しの話と、推しに向き合う自分の話。

2020年水曜どうでしょう新作感想

ようやく新作放送されましたね!

撮ってる撮ってるって言われてから長かったし放送しそうでしないし結局もうまた年またぎしましたけど!?

ひとまず新作放送がされて安心しました。
感想を書いておきます。

藩士スペック

2018年再放送により生まれた藩士、どうでしょう網羅率は80%以上。もしかしたら90%。子虎ちゃんです。

新作に期待することは、特になし(笑)
雑誌インタビューも見て、無闇な無茶はしてほしくないですし、4人で何か面白いことをしてくれたらな、程度です。

本編感想

第一夜。
聞いてはいたけど2017年撮影。私まだ藩士じゃない!

ミスターさんの家っぽいなと思ったら本当にそうでした。

とにかく大泉さんが喋りに喋って、ミスターさんはたまに挟まるだけ(笑)
楽しそうに笑ったり、時々姿勢を正したりするのをニヤニヤしながら見守っていました。

ところで企画発表は?


第二夜。
まさかの家造り。それは面白いのか?

とりあえず大泉さんが料理を作る。
見てて早々に飽きてしまいました(笑)

いやなんか、料理は極限状態じゃないと・・・(?)


第三夜。
前説後説が嬉しい。

すぐに始まって安心。起こしには来ないディレクター陣(笑)

鈴井さんの重機操縦がたくさん見られて嬉しかったです。

そして後説でまさかの2年後完成告知。
気の長い企画。


第四夜。
本当にそこで寝るんですか!?翌日何もしないで帰るのに!?

そしてまた料理。
今回も早々に飽きました(笑)赤平の敷地内にいて料理されても。

これをそのまま流すあたり、本当に迷走してたんだと思います。

この先どこかでピリッと締まるのかな。ちょっとだけ不安。


第五夜。
料理に完全に飽きる。
寝る時のミスターさんが可愛かった。


第六夜。
最初のミスターさんのモコモコ服が可愛い。

「料理ありき」「その通り」という会話と、どんどん美味しそうな料理が出来てしまうあたりでちょっと活力を取り戻す。美味しいものを食べてほしいので。



第七夜。
藤村さんが寝るのが早すぎて少し面白くなってきました。
いびきがデカいし、かくのが早すぎます。


第八夜。
鈴井さんの落とし穴、段ボール持ってくるのはさすがでした。
淡々と進む作業は意外と楽しく見れました。大泉さんいないと本当に早く進む感じしますね(笑)それもまたいいのですが。

ここで、海外ロケもやってるはずなのにどうするんだろうか・・・?というのを思い出しました。ジャンボリー中に突然中継されてビビりましたもの。
第何夜まであるか覚えてないけど、そこまで長くはないはずだからねじ込む隙がないのでは?


第九夜。
前説に2人が揃いました。やっぱりこの感じが好き。

あまりの長期企画にまさかの飽きてる感。見てる方も飽きてていいのかもしれないと謎に納得しました。
もう老人の余暇だもの(笑)


第十夜。
わざわざ大泉さんを一泊させる理由が「寂しいじゃないか」という告白。何だこれ(笑)

荒々しいのになぜかウマい料理の数々・・・かと思いきや、ラーメンはイマイチで尻すぼみ。

そしてまさかの次回最終回。えっ?


第十一夜(最終夜)。
なんと2020年の2月撮影。既にオンエアは始まっています。
エンドロールの話をしていたので随分新しく撮ったな、とは思っていたんですが、本編まで最近だとは。

肝心の家を造る過程はまさかの全飛ばしで大泉さんと完成したおうちを見ちゃうのか・・・いや、完成まではVTRを見るのね。
と、ゆったり展開に油断しておりました。


2年前の段階で崩壊してたとは。


そして2020年の撮影時点まで完全黙秘。

すごい。2年に渡って大泉さんを全員で騙してたわけです。視聴者さえも。

崩壊したのは偶然とはいえ、それを使ってドッキリを仕掛け、結果的にとんでもない企画。

さりげなく海外新作は放送に向けて準備中との告知もあり、お腹いっぱいな新作放送となりました。

まとめ

最初の方は正直ダレて見てました。
この先楽しめるのかなっていう不安もあって、見るは見るけど気が進まない。

第六夜あたりからようやくテンションが上向いてきて、最終夜でとんでもないことになると。

今更大泉さんを大きく騙すようなことは出来ないだろうな、っていうのをさらに裏切って騙してくる。
どうでしょう恐ろしいな、と思いました(笑)

海外新作は久々の4人旅。
何をしたのかまったく想像がつきません。
またまったりと見れたらいいな。