箱の中身はなんだろな

俳優の推しと俳優じゃない推しの話と、推しに向き合う自分の話。

モヤモヤしたもの

パソコンを買い替えてあわあわしてたのもあって更新に間が空いてました。

前のが古すぎたって話なんですが、推しの動画をスマホだけじゃなくパソコンでもサクサク見られるようになって推し事的にも◎。
推しはなるべく大きな画面で見ていたいし、パソコンで配信見ながらスマホでコメント打ったり出来て快適です。


さて本題。

他のオタクの意見なんか見に行かなきゃいいんですよ。
何で見ちゃったかな。

珍しく他のオタクの意見にモヤついてます。
いや、意見がそこに書いてあるだけなら多分ここまではなってない。


推しから見える可能性が結構高い場所に書かれてる。


そこに書くことがどういうことかわかってないのか、見えてもいいやとでも思っているのか。

例えば推しに直してほしいことがあるとして、手紙や接触のような閉鎖的な空間で正面切って言うならいいと思うんです。もちろん加減はあるけどね。一方的でもいけないし。
推しのお客さんとして納得できないことがあるなら、感情的になりすぎずにどういう理由でどう感じているかを伝えるくらいはいいかなと、個人的には考えてます。

もし伝えるのはちょっと、って言うなら推しには見られてないSNSに書くとかね。
こういう推しをハッキリさせないブログもその形の一つだと思います(愚痴書いてないけど)。


ただそこは推しも見るところよ?しかもそんな言い方でズケズケ書きますか?
冷静に見ればその言い分が100%わからないものではないと思うけど、まず書き方にトゲがある感じ。あとそのへんの諸々はアレがコレだからじゃないの?とか色々思ってしまう。

いやもう、そこへの返事とは書かなくともそのオタクが書いてたあたりの事について長々と書いちゃうところでした。SNSで(笑)

向こうはこっちのアカウントなんて見てないでしょうけどね。あーもう。


フォローしたり繋がりのあるオタクは平和的な人が多いし、意見があるとしてもきちんとした状態で述べられるから、やっぱうかつにSNSをウロウロしても基本いいことないなと思いました。

これからも積極的にミュートしていこ。そしてミュートした人のツイートは見ない見ない。
現場で会っちゃったら困るな。ますます現場で人見知り。どこ行っても他のオタクには基本話しかけないけど(笑)


推しのあれこれの感想を見たくて新規開拓したいという気持ちもありつつ、ただもう見れる範囲は見尽くしたのでは?ってくらい見たからもう難しいのかも。
よく考えたらそれも切ない話だ。