ThankCUE FANMEETING 2018 感想レポ その8 ハイタッチ・帰還編

※記憶頼りなところもありますのでもろもろニュアンスで。

順番待ちをしているうちにアンケートを記入(座席にある映画とかのチラシが入った袋にある)。
時間がない方は、食事の時点で書けるところは埋めておくといいと思います。それでも書ききれなかった。その場で思いつかない。

ハイタッチは直前にスタッフさんが右手か左手か教えてくれます。

順番は枝元→舟木?→安保?→瀧原?→島→花岡→ましろ?→李苑?→Chima?→田中?→戸澤→佐藤→大泉?→安田?→音尾?→戸次?→森崎→小橋?→北川?→藤尾→河野→鈴井。
「?」がついてる人はかなり怪しいと言いたいところですが半分以上ついてるので全然わかんないですね。
このうちハイタッチした記憶があるのが2/3くらい、どんな感じだったかまで記憶出来てるのは8人くらい。緊張で抜け落ちてます。目が合う直前の画は鮮明だけど合った瞬間は1人2人しか残ってないです。
NACSあたりから詰まらないようにと進みが早くなって、そのせいかリーダー以外のことは吹っ飛んでます。NACSの順番の怪しさ。

雷亜くん、知ってはいたけど背が高い!顔がちっちゃくてさらに高身長に見えました。本当に180cmなの?
ワンマン行くのでそれぞれにその話をして、そしたら隣に話してるのが聞こえた太星くんが先に声をかけてくれて、いつも聞いてたまんまの喋り方でとても和みました。可愛い。
領太くんのハイタッチが全然ハイタッチでは済まされないものでした。和みが飛ぶ。いやNORDはみんなそうでしたが特に。みんな握ってきて最初っから緊張。

李苑ちゃんハイタッチなのにその仕方がとても可愛くて!
SKEとしてたくさんの人と握手してきて身についてるものもあるんだろうな。すごい。可愛い。と一瞬のうちに心を奪われていました。

リーダーは太陽のような笑顔で、目を合わせてニコーっとしてました。安心感のある笑顔にNACSの緊張から一旦解放されました(笑)

鈴井さんには言おうと決めていたことは言えましたが、ちゃんと目を合わせられませんでした。推しに弱い。


ツアープランは終演後即出発。クロークの荷物を受け取ってバスへ。

新千歳空港コカ・コーラポーラーベア

新千歳空港に着いてからは出発まで時間があったので(あまり時間がないと話してる方もいました。地域やプランによりけりなのかも)まったりとお土産を購入。
写真は空港内にいたコカコーラのくまさん。文字が好きなように打てたのでやってみました。

ほぼ定刻通りに到着して無事帰宅。ファンミーティング終了しました!

楽しかったです。企画自体は突飛なものではないのにそれぞれが面白くてしっかりしてて、あんなに笑うことがあるかっていうくらい笑いました。
"恒例のネタ"は会報を読んでて知っていたり(最初の会報がファンミレポ)他の方のレポを見ていてよかった。わからないネタがあっても「これは過去に何かやったんだな」というのが話でわかるので大丈夫でした。

あと!レポの中には書きませんでしたが紅白対抗のあたりから鈴井さんの前髪が一カ所"くりんっ"ってなっててとても可愛かったです。
リーダーの挨拶ではまだそうなってたのに洋ちゃんのところでは戻されている。何で直しちゃったのー!という可愛さでした。
そしてもちろんかっこよかった。全体を通して楽しそうにしてて嬉しかったです。

反省点はデジカメに慣れてなくて微妙に手ブレしちゃってる写真があったこと。相手が動いてるというのもありますが、固定にも気を遣わないと駄目ですね。
撮った写真はカメラのキタムラさんで十数枚プリントしてもらいました。早いし安いし安田さんの宣伝効果にも。
撮るよりも見るに集中する時間もあったので、ファンミ中の撮影は連写も含めて5〜6百枚くらい。鈴井さんの割合が多くてじっとカメラを向けたり見返すとちょっと恥ずかしいです(笑)

それから、若手は出番が少ないので出てるうちに撮っておく。
ノールファイブは鈴井さんに集中すると心に決めて行ったらNORDを撮る時間が少なくなってしまいました。後悔はしてませんがもうちょっと撮っておきたかった。ソロショットを撮れていないメンバーが。

あとはプランによってはキューちゃんに会えなかったりすること(出発直前に時間判明)。実はChimaさんのライブも移動しながらちょっと聞いただけで。
せわしなさも考えるとガトキン宿泊もよさそうだな、でも観光もしたいし、、、と色々考えます。

1人旅すら初めてでしたが、行って本当によかったです。
単独参加の方も結構いらっしゃいました。ファン同士ということもあるので何とかなります。